集中力をあげる方法

-
集中力を上げることは何かをアウトプットするときにとても大切な要素のひとつです。

なぜなら

アウトプット = 効率 × 時間 × 能力

だからです。

ではどうやったら集中力が上がるのでしょうか?
これに関して、脳科学者の茂木健一郎さんは

すぐに集中できなくても、無理矢理でも始めることが大切。

といっています。

つまり、朝会社についてコーヒーを飲んで、ブログを読んで。。。っとするのではなく、デスクに着いたら1秒後には全力で仕事に向かうということです。

実はこれを今実践しています。

いままでは朝ブログを読んだり、日報を読んだりしていたのですが、それをやめて、まずは仕事をすることにしています。はじめはニュースやブログ記事が気になったりしていたのですが、最近はとりあえず仕事をして疲れてきたら、初めてニュースを読んだり、ブログを読んだりするということがすこしずつ普通になってきました。

なぜこの方法に茂木さんがたどり着いたのかというと、超多忙な茂木さんの空き時間はまさに10分や20分の単位です。そのときにわざわざ缶コーヒーを買ってニュースサイトを見て、「さあ論文読むか」などと言っていたら到底仕事の時間を取れるわけがありません。

短い時間を有効に活用するにはこの方法しかなかったといったほうがいいかもしれません。

脳科学的には

ニューロンは何かの行動をとるとき、他のニューロンと組み合わさって回路をつくる。
行動を繰り返すと回路は強化されることが分かっている。すぐに集中する行動を繰り返せば、集中する回路が強化されると考えられる 。

そうです。

よくよく考えると、家の掃除なんかも、初めてしまえばあとは進むことは容易いことが多いように思えます。
大変なのははじめの一押し。

だからこそ無理やりにでも初めてしまうことが大切なのでしょう。

参考になれば幸いです。

参考サイト