楽しく生活するために心がけるべき1番大切なこと(今のところ)

やりたいことをやること

若いときはやりたくないこともやるべきだということをよく言われます。

だけど本当は、「やりたいことをやるべきだ」とぼくは思っています。

いくら自問自答を繰り返しても、やりたくないことはやはりやっていて楽しくない。

あたりまえなのですが人生を楽しむためには、「楽しいことをやる」以外に方法はありません。

やりたいこと以外のこと、つまりやりたくないことをやるときに理由をつけることはたくさんできます。

自分のすばらしい経験にいつかなるかもしれないとか、他人が求めているからとか、自分がやらないと周りが困るからとか、社会通念上やらなければいけないとか。

だからこそ自分が真にやりたいことだけをやる環境に置くことはとっても難しく、大変なことです。決意や決断も必要です。

周りが求めていることと、自分がやりたいと思うことが合致しなければ、自分はそこを去るべき状況にもあたるでしょう。

なぜならこのような状況の場合、周りがほかの人間に頼むか、自分がやりたくないことやるかの2択になるからです。

だから、その決意がないのに自己主張だけすることはとても無駄であり、滑稽に見えます。

もしやりたいことをやるという選択肢を持つならば、それは大いなる決意をもって望むべきことだと思います。

最近脳科学の本を読んでいて、ドーパミンについて詳しく書いてありました。

ドーパミンというのは、やる気物質みたいなもので、こいつがたくさん出ていると、すごくモチベーションが高い状態だといえます。

どうすればドーパミンがでるのか。その説明が長々と何十ページにもわたって解説されていました。

ただ結論はいたってシンプルなものでした。

楽しむこと

たったそれだけでした。

もう一度言います。

自分が真にやりたいことだけをやる環境に置くことはとっても難しく、大変なことです。決意や決断も必要です。

それでもやはりぼくはやりたいこと、楽しいことを極力選んでいきたいと思います。

それはなぜなら

今この時間は誰の時間でもなく、自分の人生だからです。

現実はすべてがこのようにうまくはいきません。

現実はもっといろいろなことが絡み合って、ほどいてもほどいても次の糸が出てくるような状況です。

ただこの意識を持っているのか否かはとても重要だと思っています。

やりたいことをやる

これが今のところ、人生を楽しくする一番大切なことだ思っています。

最も重要なことは、君たちの心や直感に従う勇気を持つことだ。
心や直感は、君たちが本当になりたいものが何かを、
もうとうの昔に知っているものだ。
だからそれ以外のことは全て二の次でいい。
── スティーブ・ジョブズ