2010年もありがとうございました

0時を回って大晦日になりました。今年はいろいろな事情で実家に帰らない初めての正月となりました。

実は、うちの実家では、ぼくが生まれてから家族4人で正月を過ごさなかったことがなく、ぼくも妹も必ず31日と1日は家族で過ごしていたので、その伝統が崩れるのは嫌だったのですが、今年は暦も短かったり、飛行機もすごく高いので、今日東京に残ることを決めました。

この2日は家で掃除でもしながらテレビを見て、ゆっくり過ごしました。こういう正月も悪くないなと思います。明日はちょっとおせちでも買おうかと思います。1月1日の朝を一人で迎えるのは若干寂しいですねw

大晦日なので、家に1本だけあった氷結でも飲みながら2010年をつらつら振り返ってみようと思います。

まずは2010年もいろいろと助けていただきましてありがとうございました。本当に感謝です。

ブログを1年分読み返すといろいろあったなーと思います。

去年の大晦日に2010年について少し書きました。2010年のテーマは「飛躍」でした。

この「飛躍」という言葉に込めた意味は実は自分の中ではすごく大きくて、個人的には70%くらいいけたかなと思っています。

2009年にぼくが感じたことは、簡単にいうと2010年は自分を強くしたいという思いでした。

ぼくは新卒で入社してエンジニアになりました。エンジニアの市場価値はこの数年で数倍にも高まっていて、その力を身につけられたことは僕にとって本当にラッキーでした。そして運良く新規事業に配属され、運良くその事業が子会社化され、そして気づいたら本部長という肩書きを貰っていました。

けどもよくよく考えると、まだまだその時は3年目だったわけで、本部長とかそんなもんでもないし、まあ新米ですよ、ほんとに。何もわからないし、頑張ることはできるけど、それ以外特に出来ないわけです。自信もなかったし、とりあえず目の前のことを頑張るしかなかった。ぼくを守ってくれるものは、会社のロゴと、名刺に書かれている肩書きくらいでした。

けども、周りにはすごい人はたくさんいるし、ぼくは社長どうこうっていうのはあまり興味がないですけど、組織に守られずに1人で頑張って生きている人がたくさんいるんですよね、世の中には。友人もそうだし、ぼくの父もそうです。金もないし、ブランドもないし、その中でも自分のやりたい事っていうのを貫き通して、苦しいけど、毎日夢いっぱいで働いています。たまにぼくがiphoneに入った父が作った家を見せて冗談のように「家造りませんか?」って友人や知り合いに言っているのは、けっこう冗談でもなくて本気なんです。

僕が今1番すばらしいなと思っていることがあって、それはぼくの後輩の女の子が会社をやめて独立したんですけど、その子がいまスポーツのインストラクターをやってるんです。その子のブログを毎日読んでると、ほんとすげーなと思うわけですよ。いろいろ複雑な思いがあって独立して、ぼくは少なからずその思いも聞いてたから本当に応援しようと思っていて、けどたぶん想像を絶するくらいめっちゃ大変だと思うんですよ、いきなりサラリーマンからフリーになって仕事を取るっていうのは。もはや前職ITとか無意味だしw

守ってくれるものはないし、失敗したら次から仕事ないんですよね、がんばったから給料上がるものでもないし、もうもはや組織の中にいる人とは次元が違う。年に2回の給与改定がどうとか言っている場合じゃないし、来月食べられるか考えないといけない。けども彼女はちゃんとサラリーマンからフリーに転向して、きちんと毎日仕事をして、自分で生きています。そこにちゃんと立ち向かっているのは心から尊敬しています。

で、そんな素晴らしい人たちがいるなかで、飛躍したかったわけです。自分の存在価値を高めたかった。

印籠みたいに本部長っていう言葉だけが一人歩きするのに違和感があった。「新卒プレミアム」とか「ポテンシャル採用」とか「期待値を込めて」みたいな、そういうことじゃなくて、ちゃんと自分の力を付けたいと思って立てたテーマが、2010年「飛躍」でした。

結果としてどうだったのか考えてみると、まあ2009年のことをよく覚えてないので結論は出せないのですが、この364日間「自分の価値を上げる」ということだけをずっと考えてきたので、少しは考え方や感じ方も変わってきたし、その中で自分が発揮できるプレゼンスはどう発揮すればいいのか、何が足りていて、何が足りないのか、考え方や、多様性も受け入れられるように少しずつなったし、まあ良かったと思っています。

だから70点。ぼちぼちです。

ばっとブログを読みなおしてみると、

まず1月2月とか前半のほうは、このへんを鼻息荒くかんじていたので、それ系の話が多かったです。

すごい生き方
Zさんのブログから学んだビジョンの大切さ

茂木さんの考え方にも深く感銘をうけました。

「脳を活かす仕事術」を聞いて
ガラパゴス化
kenmogitv 第9回 「履歴書に穴が開く」なんてぶっとばせ!(ギャップ・イヤーのこと)

あと今年は海外にたくさんいった年でもありました。

弾丸出張
ad:tech SFに行ってきます
上海出張
夏だ!!!!!
SES San Francisco

すばらしい本にも出会いました。

「小さなチーム、大きな仕事」のまとめ No.1
「小さなチーム、大きな仕事」のまとめ No.2
「小さなチーム、大きな仕事」のまとめ No.3

あと2つほど会社関連でも動きがありました。

株式会社adingo search labs設立のご案内
株式会社adingoの取締役に就任しました

読みなおしてみると、キーワードはいつも同じで「自分の力で力強く生きていく」というテーマについて書いてあることが多いなと思います。そういう意味では1年振れずに考え抜いてこられたのはよかったです。

あと忘れてはならない貴重な出会いですが、本当にたくさんの人との出会いが今年もありました。ここには書ききれないくらいの方と出会いがあり、社外、社内問わずお話させていただきました。本当に感謝です。

2011年はどんな年になるでしょう。まあ2010年のテーマは引き続き継続します。もっともっと力つけないといけないので。まあけどそれはたぶんもう大丈夫です。その飢えの感覚は体に染み付いているから。

で2011年。テーマはちょっと変化球的何ですけど「ENJOY!」ですw

なんだかんだいって、自分の人生だし、結局楽しくなければ意味ないと思うんですよ。楽しくないなら今すぐやめたほうがいいし、楽しくないことはやらないほうがいい。苦労は買ってでもしろと言いますが、ぼくは嫌ですwやっぱり楽しくやりたいですよね。楽しい中の苦労ならいいけど、そうじゃないならもはややりたくないです。

2010年はちょっとテーマも重たくて、けっこういろいろきつかったんですよ、実はwなので来年2011年のテーマは「楽しむ!」

ワクワクする気持ちとか、ドキドキとか、なんかそういうのをたくさん集めたいなと思っています。写経のようにきちんと書いて考えるのは今日まで。ちゃんと楽譜を読んで弾くのは今日まで。来年からはジャズセッションのように、行き当たりばったりを楽しみながら、やりたいことをどんどんやって楽しんでやりたいと思います。

ということで2010年、ありがとうございました!2011年は楽しく生きるがテーマなので、飲みにも行きたいし、趣味もはじめました!たくさん旅行も行きます!すみません、会社の人、ぼくは来年夏休み以外で1週間どっか休みます。先に宣言します!

ENJOY!

これが来年のテーマ。

来年もよろしくおねがいします。それではみなさん良いお年を!