教育は世界を変える

Book of travel (Japan,France,Italy ,New York,India,egypt)

高校生のとき、ぼくは化学が本当に嫌いでした。モルとかいうよくわからない単語をつかって小数点の計算はしないといけないし、反応式は覚えないといけないし、「水兵リーベ・・・」ってなんだよってずっとずっと思っていました。

予備校に通い始めたら、ある1人の化学の先生に出会いました。その人が話すサイエンスのすばらしさ、美しさ、ダイナミックさ、緻密さに心を奪われました。自分が学ぼうとしていた科学がいかに狂っていて、パッケージかされていて、まったく本質的じゃなくて、つまらないものなのか、これでもかというくらい教えられました。

結局ぼくは科学を専攻し、大学を卒業しました。

教育は人を変え、世界を変えると信じています。教育こそが人類を次の文明に連れて行ってくれるのだと信じています。

教育は、人を成長させ、目には見えない鎖を断ち切り、人を自由にしてくれると信じています。

ほんの些細な出会いや感動が、その人を大きく変える大いなる可能性を持っていることを知っています。

テクノロジーは教育格差を凄まじい勢いで解決しています。スタンフォードやハーバードのような一流大学が授業を無料で公開しはじめ、YouTubeで検索すると、一生かけても見れないほどの様々な知に触れることができます。やる気さえあればどんな人でも最高の教育をほぼ無料で受けることができます。人生の選択において、自らの境遇を言い訳にできない世界がやってきています。

ぼくは将来やりたいことが2つあります。

1つは文化を作る仕事をすること。そして1つは教育に関わる仕事をすること。

教育者になるかはわかりませんし、テクノロジーで手助けをするのかもしれません。どんな関わり方であっても、次の未来は教育からしか生まれないと確信しています。

いま教育プラットフォームがスタートアップ事業としてもブームなようです。本当に夢があると思いますし、応援したいと思います。

自分にとってはほんの些細なことであっても、それがもしかしたら万が一にも向こう側にいる人にとって人生を変える瞬間になるのかもしれない、その可能性にワクワクします。

教育を変えようとがんばっている皆さん、教育で昨日より今日をよくしようとしている皆さん、心から応援しています。