フリーアドレスについて

理系インターン「TREASURE」の後半戦が始まった。後半戦はわたしもサポーターとして参加する。

後半戦の内容は「2週間でウェブサービスを1つ作る」というもの。がんばってほしい。

今日話したいことはインターンのことではなくて座席のこと。

実はこのインターンの関係でいつもの席とは違う席で仕事をしている。これが面白い。

執務スペース内がフリーアドレスになる一番の利点は、他の事業部の仕事内容がわかるということだと思う。

今は広報の隣に席を作ってもらったのだが、いつも広報から送られてくるクリッピングの記事や回覧板などがどのように作られていて、どのくらい大変なのかということを知ることができてよかったと思っている。(実際すごく大変そうだった)

よく「ほかの事業部が何をやっているのかわからない」という意見がたくさん出てくるが、物理的な執務スペースの調整で解決できるのかもしれないなと思った。