クーリエジャポン12月号

クーリエの12月号がレビュープラスから届いた。


COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2009年 12月号 [雑誌]

今回はNIPPON特集。日本のことを、外国のメディアが伝えた記事をまとめているものだ。

ぼくはニューヨークが好きで、将来ニューヨークに住む予定なのだけども、外国に行くと、やはり自分が日本人だなと思うことが多い。毎日特大のピザはさすがにきついし、「異常」とまでいわれる日本の清潔感はぼくには異常にあまり思えない。逆にきれいなトイレを探すことは、海外に行ってまずはじめに行うことのひとつだ。
日本人が宇宙人なのか、地球人なのか、それは置いておくとしても、ぼくは日本に生まれてよかったと思っているし、日本が古くから持っている文化に対して、心地よい気持ちを持っている。その日本という「大きな国」を整理する意味でもこの雑誌を読むことは意味があると考えている。

すごく細かな感想を最後に書くと、韓国やアジア諸国はやはり日本という国に対して、ある種の劣等感を抱いているのかもしれないなと思った。ニュースソースが韓国や中国の記事は、どれも日本のいい面を書いていることが多く、逆に言えば、ある種の劣等感を彼らが持っているように感じたのだ。
これは、クーリエのソースチョイスによって意図的に(あるいは気づかないうちに)そうなってしまったのか、世論全体がそうなのかはわからないが、読んでいるときにそのように感じたのは事実だ。

とにかく、日本は小さな島国で、とても小さな、画一的な文化形成をされてきたといわれているが、「日本」という国をさまざまな切り口で切れることそれ自体が、我々のカルチャーを知るうえでの大いなる利点である。
「アメリカ」という国家を、「中国」という国家をさまざまな切り口で切ろうとしても、それはあまりに不可能で、意味のないことだからだ。