ツイッター 140文字が世界を変える

レビュープラスからの献本。


ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)

簡単にいうとtwitterの入門本。

twitterというサービスの開始から、日本におけるtwitterの歴史、基礎的な使い方などが前書かれている。後半には、twitterをビジネスに利用した事例が書かれている。

読むとtwitterの全容がばくっとわかるビギナー本だ。

この本のいいなと思うところは、「あーそういえばあったなー」というような誰もがはじめ体験する「twitterってどこがおもしろいの?」といった感覚を認めているところと、それに対する解決策を提示しているところだ。

たしかにtwitterというサービスはすごくシンプルで、ただひたすらに140文字でつぶやき続けるだけ。それ以上でもそれ以下でもない。

しかし、いまやカンファレンスにいけば、みんながtwitterでセッションの感想をつぶやき続けているし、勝間さんや三木谷さんは、政府との重要な政策会議の実況をtwitteで行ったりしている。

そんなギャップを埋めるには最適な本ではないだろうか。twitterの「わからなさ」と「可能性」の両方を感じることができる。

しかし、読むだけではだめだ。twitterを使った事ない人は、この本を読んで、まずは使ってみたほうがよい。それが、ウェブサービスなのだから。


ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)