GDD Phoneにb-mobileSIMを入れてみた

待ちにまったb-mobileSIMが届いたので、Google Developer Dayでもらったandroidフォンに入れてみた。無事に開通。

 「b-mobileSIM」は、NTTドコモの3G網に対応したデータ通信専用SIMカード。今回第1弾となる「b-mobileSIM U300」が発売される。SIMカードは、ユーザーが所有するSIMフリーの通信機器に挿入して利用するもの。国内のみに対応し、データ通信専用となるため通話はできない。通信速度はベストエフォートで、上り下りとも300kbpsを超えた辺りが上限となる。

SIMフリー端末を含むNTTドコモFOMA®ネットワーク使用端末で使える
スマートフォンやPC、そして電子書籍リーダーなど急速に広がりを見せる携帯網の利用。 b-mobileSIMは通信だけを提供し、あなたのデバイスに組み合わせて使うことができる画期的な通信パッケージです。

全国で使えるFOMA®ネットワークをあなたのデバイスで
人口カバー率100%のdocomo FOMA®ネットワークを利用しているので全国どこでもご利用いただけます。

安心の定額使い放題
まるで乾電池を買うように通信を買おう。
1年間、3Gネットワークを使い放題で29,800円。まるで一定期間使える乾電池のように、通信を買うことができます。1年使い放題に加え、6ヶ月、1ヶ月というラインナップもご用意しています。

開通までの手順は以下の通り。

  1. 開通手続きをする
  2. SIMカードを入れる
  3. 「設定→ワイヤレス設定→モバイルネットワーク→アクセスポイント名」でmenuボタンを押して新しいAPNを設定する

以上。

はまったところ、はまりそうなところ。

  1. 「通信サービスなし」と表示されたり、電波状況を表示する部分は圏外になっていたりすぐが、問題なく使える
  2. OSのバージョンが1.5でないとダメ。「設定→端末情報」にファームウェアバージョンが書いてあってそこで確認できる

このSIMカード1枚持っていれば、ipadなどのSIMフリー端末は1枚のSIMカードで使い回しができるし、便利だと思う。

iphoneは1ヶ月5000円くらいかかるけど、これなら1年3万くらい。安い!

電車でメールやRSS読んだり、twitterしたりできて便利。買って良かった。