Yahoo!JAPANの検索エンジンGoogle採用に思うこと

さまざまなメディアでトップニュースで扱われているこのニュース。

ヤフー・ジャパンと米グーグルが事業提携を発表

日本のインターネット検索最大手「ヤフー・ジャパン」とアメリカの検索大手「グーグル」が事業提携すると発表しました。

 今回の提携で、ヤフーはグーグルの持つインターネット上で情報を検索する機能などを採用し、逆にオークションなどで更新されるデータをグーグル側に提供します。去年、アメリカのヤフーはマイクロソフト社との技術提携を発表していましたが、ヤフー・ジャパンはマイクロソフトではなくグーグルをパートナーとして独自に選択しました。

この世界にいる人間で少なからずYahooと話をしたりしている身なので、身勝手なことはあまり言えないが、明らかなことは、何が起きたとしても、我々のパートナー様に迷惑がかからないように準備をしっかりしていくことは昨日チームの中で明確にした。わたし個人としてもちょうど今週末本部長合宿なのでプロダクト関連の責任者としてしっかりそれらに対する方針を決めてきたいと思う。

ここから先は2社からのリリースを読んで感じたことを書いてみる。

今回のトリガーがYahoo Inc(アメリカのYahoo)がBing(マイクロソフト)と組んだことであることは間違いがない。Yahoo! JAPANはソフトバンクの資本が入っているので同じYahooだけれどもUSのYahooとは違うものだ。ではYahoo! JAPANとしてどうするのか?そこを経営陣が考えはじめたところがすべてのはじまりだ。

ヤフーは2004年以降、米ヤフーが開発した「ヤフーサーチテクノロジー(YST)」を使ってポータル(玄関)サイトを運営してきた。しかし、ヤフーに出資する米ヤフーが昨年、検索エンジンを米マイクロソフトの「ビング」に変更することを決めたため、将来はYSTが使えなくなることになり、対応を迫られていた。(読売新聞)

そこでYahoo! JAPANには3つの選択肢があった。1つは日本独自で作る。2つ目はUSと同じくBingにする。3つ目はその他の検索事業社のものを使う。

結果的には3をとり、そしてGoogleを選択した。

今回の決定においてYahooがGoogleの検索エンジンを採用したことと同時に、YahooがGoogleに対してさまざまなデータを提供し、高速に検索可能にしたということを忘れてはいけない。つまり、YahooのコンテンツがGoogleの検索において優位に働くということだ。

YahooとしてはGoogleの検索結果画面からの流入が増え、そしていままで「ニュースはYahoo、検索はGoogle」という使い方をしていたユーザーが、すべてをYahoo! JAPANのトップページでしてくれればそれだけでYahooの利用率は増える。

一方Googleは日本市場における検索のシェアを伸ばしたいと思っている。Yahooのクエリがすべて取れるのだとすればそれは断る理由はない。

結局お互いにとって最良の選択だったのだろう。

特にGoogleは一瞬にして日本市場において不動の地位を確立させたなという印象だ。もう山手線のデジタルサイネージでがんばって広告を流さなくてもいい。

さて、ネットを普通に使う人にとってどういう影響がでるんだろうかと考えてみた。

実はYahooは数年前まで検索などまったく手をつけてなく、Googleの検索エンジンを使っていたことを知っているユーザーはあまりいない。今回はその状態に戻っただけだ。なんら驚くべきことではない。

また、さまざまなサイトの検索サービスの裏側がYahooやGoogleのエンジンで動いていることを知っている人(意識して使っている人)もあまりいないと思う。

今回、井上社長の会見にも会ったとおり、Yahooの検索サービスにおける裏側のエンジンがGoogleになるだけであり、Googleの検索になるわけではない。言い方を変えると「Powered by Google」の検索が日本の検索の9割になるわけではないのだ。いままでどおり「Powered by Yahoo」もあり、さまざまな「Powered by xxxx」が存在し続ける。あくまで1つしか存在しないものは裏側のしくみだけだ。

見た目はぜんぜん違うけれども実は中身は同じという状況は、とくにコピーコストが限りなくゼロである情報分野においては特別なことではない。

もちろんインターネット企業には多大な影響を与えることだが、ユーザーはきっと何も気づかないだろうし、意識もしないだろう。つまり影響はない。いや大きく(かついい方向に)あるのだけれども、それに気づかない。だから影響はない。

インターネット関連企業にはさまざまな影響をおよぼすこのニュースだが、冒頭に書いたとおり、我々としてはしっかりを準備してパートナー様に迷惑がかからないようにしていこうと思う。

まーでもびっくりした。