教育は世界を変える

Book of travel (Japan,France,Italy ,New York,India,egypt)

高校生のとき、ぼくは化学が本当に嫌いでした。モルとかいうよくわからない単語をつかって小数点の計算はしないといけないし、反応式は覚えないといけないし、「水兵リーベ・・・」ってなんだよってずっとずっと思っていました。

予備校に通い始めたら、ある1人の化学の先生に出会いました。その人が話すサイエンスのすばらしさ、美しさ、ダイナミックさ、緻密さに心を奪われました。自分が学ぼうとしていた科学がいかに狂っていて、パッケージかされていて、まったく本質的じゃなくて、つまらないものなのか、これでもかというくらい教えられました。

結局ぼくは科学を専攻し、大学を卒業しました。

教育は人を変え、世界を変えると信じています。教育こそが人類を次の文明に連れて行ってくれるのだと信じています。

教育は、人を成長させ、目には見えない鎖を断ち切り、人を自由にしてくれると信じています。

ほんの些細な出会いや感動が、その人を大きく変える大いなる可能性を持っていることを知っています。

テクノロジーは教育格差を凄まじい勢いで解決しています。スタンフォードやハーバードのような一流大学が授業を無料で公開しはじめ、YouTubeで検索すると、一生かけても見れないほどの様々な知に触れることができます。やる気さえあればどんな人でも最高の教育をほぼ無料で受けることができます。人生の選択において、自らの境遇を言い訳にできない世界がやってきています。

ぼくは将来やりたいことが2つあります。

1つは文化を作る仕事をすること。そして1つは教育に関わる仕事をすること。

教育者になるかはわかりませんし、テクノロジーで手助けをするのかもしれません。どんな関わり方であっても、次の未来は教育からしか生まれないと確信しています。

いま教育プラットフォームがスタートアップ事業としてもブームなようです。本当に夢があると思いますし、応援したいと思います。

自分にとってはほんの些細なことであっても、それがもしかしたら万が一にも向こう側にいる人にとって人生を変える瞬間になるのかもしれない、その可能性にワクワクします。

教育を変えようとがんばっている皆さん、教育で昨日より今日をよくしようとしている皆さん、心から応援しています。

技術を信じるということ

何かにぶつかった時、何かを乗り越えようとする時、モチベーションやテンションを高めてということをよく言われるが、実際は精神力はそんなに強くない。やはり技術を駆使して乗り越えることが出来て初めて 精神力が出てくるのである。だから、気持ちが高ぶるのを待つのではなく、まずは技術を高め努力することが大切。

これはぼくが最も好きな言葉の1つです。

何か困難な出来事にぶつかったときに、精神力で乗り切ろうとするときがありますが、あまりそれは好きではありません。

何が問題なのか冷静に分析をし、そして小さな修正を続けていく。できないことをできるようにし、できることはより精度高く、よく高い価値で、より効率的にできるように訓練をする。個が極限まで技術を高め、自分の仕事を最大限のパフォーマンスで行える準備をする。その先にある最後の最後の勝負所で初めて精神力の戦いになるのではないかと思っています。

よく強みを育てなさいといいますが、精神力が強みになることなどほとんどなく、結局のところは技術が強みになることしかないと思うのです。何ができるのか?どのような選択肢を提示できるのか?どのような経験値があるのか?どのような知識があるのか?交換不可能な価値は精神力ではなく、技術から生まれると思います。経験値や選択肢の提示は技術なのか?と思われるかもしれませんが十分技術です。目利きってコトバがありますよね。本物を見分ける確かな目は当然「技術」です。大切なことは「私の強みは目利きです」と言えるかどうかです。

ぼくは嫌というほど技術について聞きます。「あなたの価値はなんですか?」「あなたは何ができるのですか?」聞き方は変えていますが、ぼくが聞きたいことは結局同じことです。聞きたいことは、課題に対してどんな技術を駆使して物事を解決に結びつけられるのかということです。その勝ちパターンが見つかれば伸ばせばいい。圧倒的に伸ばすんです。

技術を育みましょう。できないことをできるようにしましょう。できることはより精度高く、よく高い価値で、より効率的にできるように訓練をしましょう。何が問題なのか冷静に分析をし、そして小さな修正を続けていきましょう。

そうやって高い技術力をもった様々な人たちが、1つのゴールに向かって走り出したときに爆発的な力を出せると思っています。

30歳になりました

今日、30歳の誕生日を迎えました。たくさんの方々にお祝いのメッセージをいただきました。本当にありがとうございます。

「20代最後の夜は、家でシャンパンでもあけてゆっくり迎えよう」そう思って自宅を出たはずでしたが、結局23時まで仕事に追われ、いつの間にかそんなことはすっかり忘れていました。

20代でもっとも影響を受け、もっとも感謝すべき人、それは間違いなくぼくのボスの古谷さんだと思いますが、その古谷さんと、もう1人同じチームの後輩の子と、会社近くの小さな店で残業終わりに塩焼きそばを食べながらその記念すべき(?)時を迎えられたことは、ある意味もっとも象徴的であり、もっとも感謝すべきなのかもしれません。

20代は30代のための助走期間でも犠牲にすべき期間でもなく、20代は20代らしく毎日を過ごそうと思えたのは遅く、20代がもう終わりにさしかかるときでしたが、そう思えてから目の前の1つ1つの出来事を大切に出来ています。

20代と30代はもちろん何も変わることはなく、いつもと同じ30年と1日目を迎えています。これからも目の前の1つ1つの出来事を大切にしながら過ごしていこうと、そう思っています。

ベストリーダー賞とVOYAGE GROUPボードメンバー

写真

ちょっと前になりますが、今月初めの全社総会で「ベストリーダー賞」をいただきました。自分が賞を取るなんて思ってもなかったので、かなりの油断でした。ありがとうございます。

受賞コメントのときにも話しましたが、海外出張で日本にいないことが多い中、自分はリーダーらしいことは正直何一つやってなくて、ほかの本部長やマネージャーがいろいろ支えてくれて、「あとはよろしく」と言うだけで前に進んでくれるメンバーに恵まれていて、周りにいる人たちのおかげなんです。本当に感謝です。

いただいたからには、ちゃんとお手本になれるように、これまで以上に精進したいと思います。

あともう1つ。

実は今回VOYAGE GROUPのボードメンバーに選んでいただきました。ボードメンバーというのは、以前行っていた役員会に変わるものとして、今回新設されたボードMTGのメンバーです。
ボード制度の説明はこちらから→MBOして変わったこと

いろいろはじめての経験で戸惑いも多いですが、adingoだけではなくVOYAGE GROUP全体の成長にも貢献していきたいと思います。

引き続きよろしくお願いします。

美しすぎる街ロンドンより

すごく久しぶりにブログを書きます。最近はもっぱらFacebookなのでブログを書く機会もなくなってきました。ただブログはふとした時に自分でも読み返すことがあるので、たまには書きたいなと思います。

あと、このブログはもし自分が死んだらドメインとサーバーの支払いが止まって、アカウントが消滅することになるので、そうなる前にどっかに移しておこうかとも思っています。ただどこがいいのかはわからないですが。

ここはロンドンです。日本から飛行機で12時間。西の果てです。

苦痛の12時間のはずだったのですが、実はANAがビジネスクラスのアップグレードしてくれたお陰でいやはやホントにすごい快適なフライトでした。あと20時間でも耐えられそうな勢いです。
これはセコい。1度経験すると10時間を超えるフライトは考えちゃいますね。とはいえ20万くらいプラスなので自分で払うことはないと思いますが。

ちなみにビジネスクラスをちょっとだけ紹介すると、こんなかんじです(この写真はANAの公式サイトから)

違いですが、まずシート。広いのは当たり前で、完全フルフラットのベットになります。イメージは漫喫やカプセルホテルみたいなものですね。道玄坂のカプセルホテルより広いと思います(昔新卒の時に泊まったことがあります)。シートの横にサイドテーブルがあって荷物とかもそこに置けます。あとANAのシートは横が互い違いになっているので、全席が通路側です。


次に食事。食事はコース料理でアミューズから最後のデザートまでちゃんと1つ1つ出てきます。お皿もフォークも全部ちゃんと金属製の食器。ワインもワイングラスで飲めますし、ちゃんと白やシャンパーンは冷やされて出てきます。完全にレストランですね。

その他例えば頼むとパジャマを持ってきてくれます。あと自由にいくらでも頼んでいい軽食もあって、たとえばそばとかフルーツ盛り合わせ、チーズ盛り合わせ、牛丼、この軽食だけでいいんじゃないのかくらいの勢いです。寝るときも完全にベットになるので、6時間くらい普通に寝れます。乗っている人はイギリスの方が多いように思いました。日本人はほとんどいなかったです。

こんな奇跡はそうそうあるものじゃないので、帰りは期待せずに待ちたいと思います。

で、飛行機の話題はまあいいのですが、初めてのロンドンです。

ロンドンはご飯がとにかくおいしくないと聞きます。あと天気がすごい変わりやすいとも聞きますね。
けれどもそんなことはないです。ずっと晴れてます。これがラッキーなのか普通なのかわかりません。

あとご飯。みんなほんとに食べるものないっていうからどれだけのもんかと思っていたのですが、全然大丈夫です。というか何が無理なのかがわからないです。普通にアメリカと変わらないですし、和食も中華もパスタもあるし、たしかにフィッシュアンドチップスはすごいボリュームで飽きますが、まあそれもハンバーガーみたいなもんだと思えばなんともないです。普通に暮らせてます。

街並みには本当に素晴らしいですよ。ほんとに。

確かに街は狭いです。アメリカのようにどーーんと国土が広い国の作りではないです。けれども1つ1つの建物が本当に保存状態よく使われているので、このまま200年前にここで馬車が走っていたような風景がイメージできるくらいです。

あとは、やはりイギリスは紳士の国ってよく言いますが、それがよくわかります。言葉がとても綺麗。表現が綺麗ですね。そのへんのカフェの注文でも「NEXT!」みたいなアメリカと違って、「Thank you for waiting. Can I help you, Sir」みたいなかんじ。ホント綺麗。あとは服装もスーツの人が多いです。イギリス紳士ですね。嫌いじゃないです。もちろんH&MやZARAやHollisterなどもあります。

到着3日目に1日だけロンドンを離れて、ケンブリッジまで足を伸ばしました。ぼくは海外の大学に行くのが大好きなので、毎回行ける範囲で行っています。実はロンドンから帰った週にそのままロスに行くのですが、ロスのUCLAにも行くつもりです。UCLAには友達もいるので楽しみです。

話をケンブリッジに戻しましょう。

ケンブリッジ大学は、ノーベル賞受賞者が世界で一番多い大学です。有名どころだと、ニュートンやダーウィン、ケインズなんかもここの大学出身です。行く前からある程度想像はしていたのですが、ケンブリッジは想像を超えていました。

まず街なのか大学なのかの区別があまりありません。街の中に大学があるかんじです。そして建物。すべてが歴史的で崇高であり高貴な存在です。世界中から観光客が来る意味がわかります。ハリーポッターの世界です。あれがそのまま。美しすぎる。ここで学べることはなんとうらやましいことかと思います。子供ができたら是非おすすめしたい。

ただオススメしても入れるのかは別問題です。いったん入ってもケンブリッジには落第という仕組みがなくて、試験に落ちたらそのまま退学だそうです。厳しい。。。なのでみんな必死です。

ここまでつらつら書いてきましたが、今回のロンドンの相棒は新卒のポールです。初めてのコンビです。

ポールは中国国籍の新卒で、本当に優秀な新卒の1人です。職種はエンジニアで今回がはじめての出張です。

海外に行くと、一緒にいった人と1週間くらいずっと一緒にご飯を食べることになるので、すごくいろんな話をするのですが、今回もポールといろいろな話をしました。

日本にきて9月29日でちょうど1年だそうです。1年間振り返っての話や、正直ここはよくわからないと思うポイント、いまの会社のこと、いいところやダメなところ、将来のこと、仕事のこと、中国と日本のこと、いろいろ話をしました。ゆっくりですが頑張って日本語で説明してくれました。時には辞書を使いながら考えや思いを語ってくれました。ポールもそういう深く話せるチャンスを待っていたそうなので本当に良かったと思います。その中でグローバルとはいったいどういうことなのか?中国人が日本で働くということはどういうことなのか?いままで考えてもみなかった(というか正確には考えようとしてもなかった)国籍や国の問題についても2人で何時間も真剣に議論しました。ぼくなんかはポールはポールだし、何人でもどこ国籍でもあまり気にしたことなかったのですが、当然彼の中ではたくさんの、本当にぼくらには想像できないたくさんの話したいことがあったようです。これまでチャンスを作ってあげられなかったのはぼくの責任なので心から反省しました。彼は自分が日本に来た外国人だということを認識しているので疑問があっても話せないんですね。だってここは日本だから。自分が外様なわけです。けどもそんなここがどこだろうか、ぼくのメンバーでいる限り全力で向き合いたいし、彼にもそう話しました。それが未来を強くするはずだから。

逆にぼくは自分の本心をあまり人に話す方ではないのですが、なぜかポールとはめちゃくちゃ本音で話をしました。ポールも真剣に疑問や質問を言ってくれる。日本人の新卒だと「いやーそうですよねー」とか「わかります」とか言われますが、ポールは「いや、こざわさんのその考えはわからない」とか「その考えは超同意できる」(彼の中で超がいま流行っているらしいです(笑))「日本人はなぜ〇〇なのか?」「こざわさんと自分の違いはこんなところにあると思うがどう思う?」とか「こざわさんはもっとこうすべきだよ」とかたくさん話をしました。

ぼくのほうがもしかしたら彼よりたくさんの学びや気づきがあったかもしれません。感謝です。

この1週間でぼくは彼に伝えたいことは伝えたつもりです。彼はきっと自分なりに解釈して次の自分の価値を日本に戻ってから作ってくれると信じています。

この1年、あとad:techはNYを残すのみとなりました。振り返ると今年は本当にいろいろなところに行きました。これまでの人生で一番海外にいった年になることは間違いないと思います。数えたら通算で約1.5ヶ月間は海外で生活していることになります。

この1年でたった1つ思うことは、肩書きや組織にとらわれず自分の足で世界中を歩いて行くということの素晴らしさ、これに尽きます。やっぱりこれが一番なんです。だからこの1年が特別な年にしたくない。来年も再来年も10年後も20年後も、世界中を飛び回って価値を発揮できる人になること。それがいまの目標です。

日本はデフレです。商品の価値がどんどん安くなっている。モノが売れなくなっているわけですね。けども今後確実にヒトが売れなくなります。もうなっているかもしれない。自分の商品価値がどんどんどんどん下がっていく。給料なんて当然上がらない。いままで必要だった仕事はどんどん機械がするようになります。

ヒトの価値の暴落です。

いったん価値が下がると、新たな価値を作るのは極めて困難です。なぜなら目の前のことで精一杯になるからです。俗にいうデフレスパイラルというやつです。価値が下がるとチャンスがもらえない。チャンスが来ないから実績を作れない。実績がないからやはりチャンスはもらえない。価値はいつまでたっても生まれません。

だから20代は価値を作れるように努力したつもりです。自分の価値が何なのかを明確に言えるようになること。

あなたは何ができる人なのですか?そしてそれは他と何が違うのですか?

組織とかルールとか会社とか肩書きとかそんなのは知るかってかんじです。どうでもいい。自分が世の中で何ができるのか?ということです。

そのシンプルな問いにずっと追いかけられています。ただ最近やっと少しだけ見えた気がしますが、それも雲をつかむようなものです。掴んでは消え、消えたと思ったら生まれる。言葉に表せないものです。

だから追い続ける必要があるのだと思います。

たった1人の天才が世界を変えるような革新的なアイデアを形にし、そして世界を大きく変えています。だからこそ、そんなファンタスティックでクリエイティブなインターネットという業界を選んだつもりです。

世界にはもっともっともっともっとすごい同い年の人がいます。ロンドンでもたくさん会いました。パーティーで話したポルトガル人は南米とEUを飛び回ってVCやってる人でしたが、年は35歳だそうです。自分が5年後同じことができてるだろうか?ほんとに劣等感しかありません。

けどもその劣等感が次の自分を作ってくれます。世界に出ればそこらじゅう劣等感にあふれています。

お前の言っていることはわからん。もし世界でビジネスをやりたいならもっとわかるやつを連れてきたほうがいいぞと言われたこともあります。

劣等感ばかりです。

でもそれでもいい。その劣等感をパワーに頑張るだけです。

世界にはすごい人がたくさんいます。肩書きなんてクソくらえです。ルールなんてクソ食らえです。

ぼくは世界を飛び回って、自分の価値を武器に、自分の好きな人生を生き続ける。

それだけです。

本当にポールは本当に素晴らしい人材です。これからもがんばろう。

(飛行機がディレイでラウンジでガンガンワインをポールと飲みながら書いているのであまり見直さずに投稿してます。。すみません。。イギリスのワインはあんまり美味しくないです。。。いまから日本に帰ります!が、遅れてます・・・・・まだかな)