新型インフルエンザに対する京都大学の対応が本当にかっこよすぎる

新型インフルに対する京都大学の対応がかっこよすぎるという記事を見つけた

こういうのホント好き。

自分たちがやっていることに誇りを持っている証拠で、変な報道やパフォーマンスに惑わされることなく、学術的見地をきっちり主張している。

でもこれって本当に難しいことで、たとえばこの措置をしながらも京都大学の中で感染者がでて、その感染者が万が一にもなくなったりしたら、マスコミは一斉に京都大学を非難するだろうし、そういうリスクを考えてでも断固として自分たちが日ごろやっているアカデミックな見地を主張することっていうのは本当に難しいことだと思う。

だからこそかっこいいじゃないかな。

前に実は人生のうちにもう一度くらい大学行きたいなーと思って、京大大学院の資料を取り寄せたことがあった。

東大と京大はいつも比べられて、よく言われるのは

東大は与えられた条件のなかでの問題処理能力を重視し、京大は自由な発想の中での個性的な考えを重視する

っていわれるけど、まあ僕からしたらどっちの学生も頭いいし、バカな人はいないし、すばらしい人たちだと思う。東大に関していうとやっぱり東京っていう土地柄とか就職先が霞ヶ関とか、なんといっても日本の最高学府だっていうこととか京大にないものはいっぱいあるんだろうね。

ぼくがよく見る番組の1つにNHKでやっている「爆笑問題のニッポンの教養」って番組があるんだけど、その中で京大スペシャルを前にやったことがあった。

京都大学スペシャル:爆笑問題×京大 独創力!

ちなみにこの番組が始まるきっかけが

爆笑問題×東大 東大の教養

ただの単発45分番組だったんだけど、これがすごく話題になってETV特集で90分の完全版が放送された。

ちなみに2つともDVDにとっているから見たい人はお貸しします。

で2つを見ると2つの大学の違いがいろいろと出てきて面白い。

話は飛んだが、このネタ元のブログでも書いてあるけど、京都大学保健管理センターが出している 新型インフルエンザに関する緊急情報すごくかっこいい。

不幸中の幸いというべきか、毒性は強くありません。しかし、持病のある場合や妊婦では重症化するおそれもあります。また、秋以降に強毒化する可能性も懸念されています。

このインフルエンザに効くワクチンは当分ありません。発症してしまった人はちょっと辛いのですが、これで免疫を獲得して今後同じタイプのインフルエンザにはかかりにくくなることが期待できますし、公衆衛生的観点からは集団免疫の成立にも貢献することになります。賢く行動してやり過ごしましょう。

ふだん行っている風邪の予防措置を継続します。とくに石けんを用いた手洗いとうがいは重要です。アルコール・ゲル剤で手を揉むことも有効です。ふだんの運動やビタミンCの摂取も(効果はささやかですが)奨められます。これらの対策はインフルエンザ(通常型、トリ、ブタを問わず)に対する予防効果は実証されていませんが、論理的には有効と思われること、また少なくともインフルエンザよりはるかに多い普通の風邪の予防には有効であることが実証されていますので、ぜひ励行しましょう。

薬局やスーパーでディスポのマスクが手に入らなくても悲しむ必要はありません。昔風のガーゼ・マスク(手製でもOK)を一日の終わりに洗い、熱湯かアイロンをかけて消毒すれば何度でも使えます。

書き方がの節々に「へんなこというやつがいっぱいいるけどお前らだまされるなよ。冷静になれよ」っていうコメントが見え隠れしていて読んでいてとても楽しい。

「賢くやりすごしましょう」とか「予防効果は実証されていません」とか「インフルエンザよりはるかに多い普通の風邪の予防には有効」とか「薬局やスーパーでディスポのマスクが手に入らなくても悲しむ必要はありません」とか普通の大学からの告知には書かないよねw

ちょっと長くなりましたが、何事も冷静に、客観的に、科学的に分析することがすごく大切だと思います。

『7つの習慣・最優先事項』のマインドマップ

人事本部のnakayamarさんが

「7つの習慣・最優先事項」の圧倒的マインドマップを作る

とブログで書かれていたので、「待ってます」とコメントしたら、エントリーされていた。

晩メシ日記(ばんめしにっき) 「マイマインドマップ。」

mindmap

重要な部分に関してコメントも書かれていました。

※以下⇒以降はnakayamarさんコメント

「問題対応のため、管理・生産・判断(経験に基づく)」
の能力が活かせるのは『緊急でかつ重要』な問題へのマネジメント
この領域の効率がいくらアップしても、人生の問題のすべては
解決しません。

⇒Ohhh!私もここに陥りがちです。
コントローラブルな課題をスピーディにこなすことで
達成感とか充実感を感じる→麻薬になる→その領域にはまる。

『緊急でないけれど重要なこと』は質の高い活動領域ですが
緊急ではないため、その問題自体が私達を追い立てたり働きかけ
てくることは無い。自分から課題に働きかける自己リーダーシップが必要です。

⇒マネジメントよりもリーダーシップが重要ということ。

期待されている役割が多いほど、
バランスが取れなくなりそう。。。というのは誤解。
「バランスとは、どちらか一つではなく
トータルされたものすべてである。」
そして、複数の役割は相乗効果を発揮し得るもの。

⇒私が、人事の責任者という役割と母親という役割と、
さらに・・・と複数役割があったとしても、それ自体は
Win?loseではなくて、むしろ相乗効果を発揮しあうもの。
ここ数年、自分でもその感覚が実感できてます。
この感覚が明確になってからです、
独身時代以来、仕事が楽しいと心底思えるようになったのは。

「人生のビジョン」「ミッション」は、
自分の良心がどう反応するか、この感性を研ぎ澄ませば、
自然に発見できるものです。

⇒私の場合、子供に留守番させて残業してると
ものすごい罪意識があるわけだったりするけれど、
これも良心の一つの反応だよね。

「想像力」がかけていると将来のビジョンが描けません。
結果として、過去の記憶と自分の既存の価値観からビジョンを
決めてしまうのは間違い。ビジョンはイメージするもの。
過去の記憶の引き出しから引っ張りだすビジョンには
描く意味がないのです。

→これ深い。。。

ちなみにこの本に関してはいろいろな方がブログに書評をあげていて、ちょっと面白いなと思いました。

本を読まなくても検索して10人くらいの書評を読むと大体の内容はわかる。
それを把握した上でその本を読むととてもわかりやすくてよい。

こういうことができるのもネットのすごさだと思う。

でも書評だけ検索できる検索エンジンがあったら使うけどむずかしそう。。

nakayamarさん、ありがとうございました。


7つの習慣 最優先事項―「人生の選択」と時間の原則