R+ (レビュープラス)に登録してみた

R+

レビュープラスというサービスをやっている会社から連絡がきて、参加してほしいという申し入れがあったので登録してみた。

ブログを自動解析して、マッチングした本が送られてくるのでレビューを書くというもの。。

1.参加は無料
費用は一切かかりません。

2.タグを貼るだけでネットワークに参加
あなたが最初にやることは、自身のブログにタグを貼るだけです。
R+があなた自身の登録内容とブログの内容から、どのようなジャンルの商品を送ったらよいか判定します。

3.何度でも参加できます
献本は一度だけではありません。レビュー内容などをもとに独自にランク付けし、優良レビューブロガーには
優先的に献本のご連絡をさせていただきます。これであなたもカリスマ書籍レビューアーになれるかも!?

サービスの流れ

1.参加申し込み
こちらより参加の申し込みをしてください。参加は無料で、すぐ参加できます。

2.タグをブログに貼り付け
登録後、管理画面へログインし、参加するブログのURLを貼り付けてください。
タグが発行されますので、あなたのブログに貼り付けてください。

3.R+より参加依頼の連絡がきます
R+ではあなた自身の登録情報、ブログの内容、これまでのレビューの内容などから独自にランク付け・ジャンル分けを
おこない、どのような商品を送ったらよいか判定します。
あなたにマッチした商品の依頼があった場合、ご連絡をさせていただきます。レビューの可否をご連絡ください。

4.レビューを書きましょう
商品が届いたら、レビューをご自身のブログにアップしてください。レビューの内容はランク付けの一要因となり、
次回以降の判定基準に使用されます。

面白いのは書いたらいくらもらえますというものではないということ。あくまでボランティア。

ちなみにこのサービスをやっている株式会社ニューノーマルという会社の社長のブログにはこう書いてった。

金銭報酬はなし。書いたら○○円あげます、というのはやりませんのでそこは期待しないで下さい。

そしてこう続いていた。

想い、みたいなの

・小規模なブログでも、良質なレビューを書く人はたくさんいる。束ねることでパワーにしたい。
・雑誌不況のなか、雑誌のよさ、面白さを届けるツールを作りたい
・PPP問題で「クチコミマーケティング」とくくられてる分野がごたごたしてるけど、インターネットやブログが持つ、「個人が情報発信できる」「個人もメディアになりうる」みたな価値は変わらない。活用できる仕組みを作りたい。
みたいなのが根本にあります。。

はやく送られてこないかなと楽しみにしています。

登録はこちらから。


(追記)今気づいたのだが、登録ページがSSLじゃない・・・

Googleのエリックシュミットと、創業者のラリーペイジが大学で講演 今月のクーリエジャポンに講演のCDがついているらしい

GoogleのCEO,エリックシュミットと、創業者のラリーペイジがそれぞれ大学で講演をしていたらしい。
それぞれカーネギーメロン大学とミシガン大学での講演だ。

今月号のクーリエに音声CDがついているみたいだ。

coo

もちろんyoutubeでも見ることができる。


エリックシュミット


ラリーペイジ
全文はgoogleの公式サイトから閲覧可能。

さくらのレンタルサーバーにtwitterのクローンであるLaconicaをいれてみた

さくらのレンタルサーバーにtwitterのクローンであるLaconicaを入れてみたのでそのメモ。

Laconica

まず大切なことはPHPとMySQLのバージョンが5であること。
MySQLに関してはDBを作るときにさくらのコントロールパネルで設定できますが、すでにDBを生成しているとあげられないのでちょっとめんどくさいです。

まずはダウンロード

wget http://laconi.ca/laconica-0.8.0.tar.gz
tar zxvf laconica-0.8.0.tar.gz

つぎにconfigファイルをつくります

http://hogehoge.com/laconica/install.phpをクリックして適切な情報をいれる

これでconfigファイルができます

configファイルに下記の内容を追加します。これで日本語対応になります。

$config[‘site’][‘timezone’] = ‘Japan';
$config[‘site’][‘language’] = ‘ja_JP';

またMysqlの設定を変更。

– $config[‘db’][‘database’] = “mysqli://hogehogehoge”;
+ $config[‘db’][‘database’] = “mysql://hogehogehoge”;

これで使えるはずです。ぜひおためしあれ。

出来る人、出来ない人。

周りで何かあったときに、自分には本当に関係がないことなのか、何かアドバイスできること、確認すべきこと、行動に移せること、行動に移す必要があることは存在しないのか、そう考えられるかどうか。

一流は自らが仕事を作り、三流は他人が仕事を作る。